e-今月お金がない|今月あとちょっとだけお金が足りない人のために

ローン会社

あとちょっと生活費が足りない

今月あと5万円だけ足りない!なんてこと誰でもあると思います。
高額融資ではなく小額融資を希望する方が利用しやすい方法を紹介します。あと1万円とか3万円などの少ない金額でも利用がOK、直ぐに返済すれば利息も少なく生活に負担が無い方法がいっぱいあります。

小額融資が必要なケース

そもそも小額融資が必要となるケースはどんなときでしょうか?

急な病気で入院費や治療費が必要、冠婚葬祭の回数が多く出費が増えた、子どもの入学金など一時的なもの、失業保険を受給するまでの一時的な費用、などでしょうか。様々なケースがあると思いますが、長期的ではなく今月だけお金が必要となるのが小額融資の主な理由です。

小額融資を利用できる場所

小額融資を利用する場所はいろいろあります。

  • 親戚や親を頼る
  • 消費者金融で借りる
  • 銀行のカードローン
  • クレジットカードのキャッシング
  • 公的機関からの支援

などです。どこで借りるかはそれぞれですが、借りやすさ金利返済の手間などの面から選ぶと良いでしょう。親や親戚・友人などに借りる方法は手軽ではありますが、返済が滞れば今後の関係が修復できなくなることもあります。借金をしても誰にも迷惑をかけない方法としては消費者金融クレジットカードのキャッシングなどが思い浮かぶでしょうか。
それぞれの具体的なケースについて紹介していきますので、参考にしてみて下さい。

 

ローン会社

公的機関からの融資

公的機関から小額のみ融資を受ける方法としては、緊急小口資金があります。生活が困窮している人に限りうけられるもので、低所得者または災害世帯が対象となっています。

貸付の詳細

貸付の上限は10万円までとなっています。被災世帯で特別な場合は最大20万円まで認められることがあります。ちなみに被災者は低所得者に限らず受給資格があるため、何らかの理由で一時的に生活費が足りないなら申請してみる価値はあります。どちらのケースでも無利子保証人は不要です。その代わり返済猶予期間が設けられているため、一時的な救済と思っておいてください。

特別ケースもあり

本人が失業して一時的に生活費の不足があるだけでなく、家族に問題が起こり費用が足りなくなる場合も特別なケースとして認められています。世帯の中に亡くなられた方がいる場合、介護者がいて働きに出れない、妊婦や児童保育のために働けない特別な事情があるケースなどです。

申請のやり方

お近くの市町村役場にて申請します。利用できるかはお住まいの地域によって異なります。特に被災世帯に関しては避難者を受け入れている自治体で交付を実施しているため別途お問い合わせてください。申請書に記載し必要な提出物を添えたら手続きは終了です。正式な理由として認められれば受理され、融資の金額を受け取ることができます。

光熱費が足りない時の対処方法

今月あと数万円足りない場合で、光熱費の支払いを滞っているケースでの対処方法を紹介します。少なければ数千円、季節によっては数万円支払いが必要となることがありますが、滞納が予想される場合は早めに対応するのがコツです。

公共料金に問い合わせ

もし来月支払いできる当てがあるなら早急に連絡しましょう。今月だけ待ってもらい、来月必ず支払う約束をすると大抵待ってもらえます。何もせずに長期間滞納するのが危険で、命に関わる水道は別として電気は早い段階で止められてしまいます。その前に連絡すれば多くのケースで待ってもらうことができるのです。

電気が止まるのは?

電気代を滞納すると再度支払いの催促が通知されます。延滞金を加算した上で支払い書が送付されるため、この期限中に支払いをすれば止められることはありません。もしその期限までに間に合わないなら、支払日を告げて電気を止めないよう相談してください。およその目安として60日前後で完全に電気は止まりますが、事情内容によっては待ってくれることがあります。病気で支払いにいけないなどの理由があればその限りではないわけです。

支払いを待ってもらえば融資は不要

もし支払いを待ってもらえるなら、別途融資を利用する必要はなくなります。まずは公共料金の支払い先で相談するようにしてみてください。

病気や怪我で会社を休んだとき

今月あと数万円足り無いというケースの中には、病気や怪我で会社を休んだ理由があるでしょう。このような場合は傷病手当が支給されることがありますから、生活費を借りる前によく調べてみてください。

傷病手当の条件

病気や怪我などで仕事ができないことを証明できれば受給できます。自宅での療養中でも認められることがあります。業務上の怪我などは労災が対象となるため受給はできません。対象となるのは連続して3日以上仕事ができない場合で、4日目以降が対象となります。また休業した期間に給与の支払いがないことが前提となります。

傷病手当の期間

最長1年6ヶ月間支給されます。それ以降の生活困窮に関しては生活保護や障害年金など違う保証を利用することとなります。短期間の生活費困窮者ならこれに当てはまらないため、4日目から支給されることだけを覚えておいてください。

傷病手当の金額

金額は標準報酬の日額より3分の2が対象となります。例えば1日1万円なら6,667円もらえることになります。1円未満は四捨五入して考えます。もし10日間受給資格があるなら66,670円となり、その期間の生活費くらいにはなる計算です。しかし傷病手当とほかの手当ては兼用されないため、出産などの理由の場合は対象外となります。

 

ローン会社

参照リンク

消費者金融一覧・・・どこから借りるのがいいのか、審査についてのいろんな疑問など。