学費が支払えない時の対処

学費が支払えない時の対処

今月のみ生活費が足りず、学費が支払えない場合もあるでしょう。こんな時にはすぐにお金を融資してもらう前にやることがあります。それが授業料の支払いを一時期待ってもらう方法です。

授業料免除

大学側に授業料免除または一部免除の対策が無いか調べてみてください。多くの学校では免除制度を設けており、年収が少ない家庭への免除、または一定の学力がある生徒に対する免除制度などが利用できます。公立大学、私立大学によって制度は異なるため調べることをおすすめします。また、給付型の奨学金が利用できれば授業料を支払う必要がありません。

授業料の分納

授業料は支払いが困難な場合分納することができます。一括で支払うことが難しいなら、何回かにわけて支払うことも可能です。所得が低い家庭などで利用できたり、学業が優秀な生徒を限定にしている大学もあります。一時的に困難ならわけて支払える方法が無いか相談してみて下さい。

支払い期間の延長

家族の事業で一時的に支払いが困難になったら、支払い期間を延ばしてもらうことができます。

休学する方法も

一時的に支払いが難しいならその期間休学する方法もあります。家庭の事情がありそれが一時的で解決できる理由なら認められます。大学側と相談し事情がある場合のみ利用できます。