生活保護という考え方

生活保護という考え方

一時的な生活費の困窮なら当てはまらないことも多いのですが、生活保護もあることは知識として持っておくと良いでしょう。万が一長期間収入が途絶えたときには利用も考える必要があります。生活保護を利用する上でメリットとなるのは次のようなことです。

免除される項目が多い

生活保護を受給している人は免除される項目が幾つかあります。国民年金保険料、NHK受信料、医療費などの補助や免除があります。また保護費は税金がかかる所得に含めないため、税金も支払わなくて良いケースが多くなっています。

思ったより制限は無い

貯蓄はある程度なら認められますし、車の保有は最低限必要だと認められれば可能です。交通に不便な場所に住み必要だとか、仕事をする理由で持っている人もいます。またパソコンなどの家電製品は必需品のひとつですから、最低限の生活はできるのです。

家賃が補助される

高価な住宅に住むことはできませんが、一般的な住宅なら問題ありません。家賃は補助の対象となり、引越し費用や敷金など必要な資金も支給されます。
生活費が不足したら一時的にキャッシングやカードローンで現金を手にする方法もありますが、万が一長期化するようなら生活保護も考えてみてください。働けない理由があるなら申請できます。